top of page
Blog
特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

お肌の老化やトラブルから自分を守るために知っておきたいこと④

スキンケアの為に大切なこと。 「予防」と「修復」です✨ まずは、 【予防の為にできること】 ★紫外線を物理的にシャットアウト!(帽子・長袖・サングラスなど) 衣服は細かい繊維の木綿素材が効果的です🎵 ★効果の高い紫外線防止剤を塗る 《日焼け止めについて》 「科学者は、日焼け止めは、普段はSPF4~8程度、スポーツや旅行先で長時間紫外線を浴びる時は、SPF15~20程度のものを勧めています。 SPF値が高くなっても、紫外線防止成分の配合量が増えるだけで効果がより高くなるわけではありません。 アメリカやオーストラリアでは、SPF値の高い日焼け止めが発売されてから、皮膚ガンの発生率が高まったという統計があるそうですニヤニヤ これは、強力な紫外線防止剤には、高濃度の紫外線吸収剤(有機化合物)が配合されていて、紫外線を吸収した時に、その紫外線吸収剤自体がフリーラジカル化するから。 と考えられています真顔」 音譜お食事から十分な抗酸化物質を摂る事 野菜や果物、サプリメントなどから十分な抗酸化物質を摂る事 そうすることで、体内のフリーラジカルは無力化することができます。 音譜太陽にあたる顔には十分な量の抗酸化物質を塗布すること。 できるだけ若いうちから始めましょう!

ー抗酸化ビタミンは紫外線防止剤の効果を高めるます。 最新の研修では紫外線防止剤(いわゆる日焼け止め)を塗布するよりも、 抗酸化ビタミンを肌に補う方が、はるかに皮膚ガン予防の効果があると判明しています💡 ビタミンCは、皮膚内に吸収されると、塗布されてから30〜36時間は皮膚内に存在し続けます。 (ちなみに・・私は、たまたまこの事実を知る前からですが、体験的に日焼け止めは日常的にはほとんど使用しておりません。  その代わり、毎日十分な量のビタミンA・抗酸化ビタミンをスキンケアと、サプリメントを含めお食事から摂っています。😊) 《抗酸化ビタミンの種類》 脂溶性・水溶性、抗酸化ビタミンの種類はたくさんあります! 何か一つを大量にではなく、たくさんの種類の抗酸化ビタミンをバランスよく摂りましょう! (ビタミンCとEは一緒に働きます) 太陽を多く浴びる子供たちを守るには、こういった抗酸化物質が豊富なお食事が良いですね。 最近の子供は、環境の配慮からサプリを飲んでいる子が多いと聞きました。 当店でもお子様にもエンビロンDr.s'サプリメントをお勧めしております。

Dr.s'サプリメント